新しいものづくりがわかるメディア

RSS


獣医学部生が犬の義足を3Dプリンターで製作、動物視点で生活の質向上を目指す

ポーランドの3DプリンターメーカーZortraxは2022年1月31日付のブログで、同社のデスクトップ型3Dプリンター「Inventure」を使って犬の義足を製作した事例を紹介した。

このプロジェクトを推進した人物は、ヴロツワフ環境・ライフサイエンス大学 獣医学部の最終学年に在籍するSzczepański氏。アメリカなど他国と比べてポーランドでは動物用補装具の普及が遅れている状況に着目したMaciej氏は、負傷した動物の支援を決意した。

プロジェクトは、交通事故で負傷した2匹の犬への補装具の製作からスタートした。その後Maciej氏はこの仕事に専念できるよう、それまで外注していた3Dプリントの工程を内製化する手段としてZortrax Inventureを導入した。

義足の製作過程は、まず残った脚の形状をスキャンしてデータを取り、それをInventureで3Dプリントする。その後、Zortrax DSS Stationを使用して義足の部品以外のサポート材を溶解し、取り出した部品を組み立てる。InventureはMaciej氏にとって初めて使用した3Dプリンターだが、「直感的なインターフェースに助けられて問題なく操作できた」と述べている。

3Dプリントにはその場で試作品の効果を確認できる利点があり、義足の製作期間を3日以内に短縮できるという。実際、完成した義足を装着して15分も経たない間に、負傷前と変わらない様子で歩きだすケースもあった。

Maciej氏は「他の義肢の製作や、過去に製作した義肢の修理をしたい」と話しており、補装具を必要とする動物を長期的にサポートするスタートアップの設立を進めている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る