新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オムロン、マスク着用のまま顔認証できる「OKAO Vision 顔認証マスク対応版 ソフトウェアライブラリ」を追加

OKAO Visionの使用イメージ

オムロンは2022年04月19日、同社の顔画像センシング技術「OKAO Vision」に、マスクを着けたままでも顔認証を可能にする「OKAO Vision 顔認証マスク対応版 ソフトウェアライブラリ」(マスク対応版)を新たに追加したと発表した。

OKAO Visionは、人を理解することを目的とした顔画像センシング技術だ。これまでに顔検出や顔認証、笑顔度推定、視線やまぶた、口の開閉検出、年代や性別推定などの16の機能をソフトウェアライブラリの形で提供する。

今回追加したマスク対応版では、感染症拡大などの影響でマスク着用が日常化しても、マスクを着用したままで顔認証が可能になり、非接触かつマスク着用の両方の要求を満たした入退室時などのセキュリティ管理ができるようになる。不織布マスク(白、青)およびウレタンマスク(白、黒、グレー)の各マスクに対応する。

AIおよびディープラーニング技術を搭載しているが、同社が培ってきた機器組み込み特化型のアルゴリズムを採用することで、サーバー向けの初期投資や運用コストを抑制できるのも特徴だ。また、逆光などの一般的には顔認証が難しい条件でも、高速かつ高精度で顔の検出および認識ができる。

使用における想定シーンは、出退勤管理が行えるゲートアクセスコントロール、非接触開錠ができるセキュリティードア、工作機械のログオンと操作記録 使用における想定シーン

入退館システムや工作機器への操作ログイン、会議予約システム、複合機のログインなどへの活用を想定しており、2022年4月20日から本格的に販売開始した。

OKAO Visionは、これまで顔認証システムやデジタルカメラなどのオートフォーカス、フォトプリンターの美肌補正、ユーザー属性に合わせたデジタルサイネージの表示などさまざまなアプリケーション向けに、これまで15億台以上のライセンスを提供してきた。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る