新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レトロカメラをデジカメに——iPhoneカメラアダプター「DIGI SWAP」

フィルムカメラに装着してiPhoneを使ってデジタル撮影できるアダプター「DIGI SWAP」がKickstarterに登場し、出資を募っている。ヴィンテージアイテムとコーヒーを愛する大阪の企業Fireworks代表、小森義浩氏によるプロジェクトだ。

photo

DIGI SWAPは、独自のアダプターとiPhoneアプリを使い、フィルムカメラの光学系をそのまま使い、シャッター連動でiPhoneによるデジタル撮影を可能にする。

photo

フィルムカメラの機能をそのまま再利用することで、フィルム撮影のノスタルジーを味わえると同時に、デジタル撮影の高い利便性を享受できるとしている。

photo

アダプターは、カメラ装着ステー、画像投影部品、レンズ付きスマホホルダー、スマホホルダー、ベロアシール、各種ネジで構成され、フィルムカメラの裏蓋を外して装着する。装着可能なカメラは、底部分の三脚のネジの場所と、底からシャッター幕の下までの幅が範囲内にある機種に限られる。なお、作業する際にはシャッター幕に手を触れないことと、個人の責任において取り付け作業をすることに注意が必要だ。

photo

アダプターのスマホホルダーに、専用アプリをインストールしたiPhoneを取り付けることでDIGI SWAPが完成する。アプリの対応モデルは、iPhone X、XS、XS max、XR、SE(2nd generation)、11、11 pro、11 pro max、12、12 mini、12 pro、12 pro max、13、13 mini、13 pro、13 pro maxとなっている。撮影をする前に、フィルムカメラを使ってフォーカス調整をする必要がある(13、13miniは不要)。フォーカス調整が終われば、アプリの「SHOT」ボタンを押して静止画撮影の待機状態にし、アプリのISOダイヤルで感度の設定を、フィルムカメラでフォーカス、シャッタースピード、絞りの設定をしてから、シャッターを巻き上げ、シャッターを切る。

photo

動画撮影の場合は、アプリの「REC」ボタンを押して感度とFPSを設定し、フィルムカメラの設定をしてからシャッターを切ると撮影を開始する。撮影中はシャッターボタンを押したままにし、離すと撮影が終了する。撮影中は「REC」マークが点滅する。基本設定はデフォルト値が入っており、アプリで変更することもできる。静止画/動画のデータは撮影後にiPhoneに保存されるため、すぐに写真を確認したり、ソーシャルメディアへアップロードしたりできる。

photo

DIGI SWAPは、今なら数量限定の20%オフ価格2万3500円で提供しており、専用アプリはApp Storeから48.99ドル(約6400円)でダウンロードできる。2022年8月の出荷を予定しており、国内の送料は1500円だ。

DIGI SWAPは、2022年5月26日までクラウドファンディングを実施する。5月6日時点で、500万円の目標額に対して約404万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  2. Raspberry Piを使った天気予報アナログ表示デバイス「Desktop Weather Display」
  3. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  4. 第5回 GPIOって何ですか? 機能や役割は?
  5. 必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」
  6. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  7. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  8. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  9. 第2世代の開発キット「M5Stack Core 2」、販売開始
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る