新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アプトポッド、車載対応型エッジコンピューター「EDGEPLANT T1」をAmazonで販売開始

アプトポッドは、NVIDIA Jetson TX2を搭載し、高性能なエッジコンピューティングを実現する車載対応型エッジコンピューター「EDGEPLANT T1(エッジプラントティーワン)」を2022年4月25日よりAmazonで販売を開始した。

photo

EDGEPLANT T1は、2021年4月から販売パートナー経由で販売していたが、推論や機械学習の実行環境に適したエッジコンピューターとして幅広く使用できるように、画像処理・音声処理の分野のミドルウェアを提供しているaxの高速推論SDK「ailia SDK」のライセンスおよびAWS IoTサービスで利用できる25ドル相当のプロモーションコードを付与し「EDGEPLANT T1 - AI Ready Edition」 としてAmazonで販売する。

photo

axのailia SDKを使用することで、190種類を超える学習済みの推論モデルをEDGEPLANT T1上で利用でき、ailia SDKに含まれるラウンチャーを使用することでGUI上で推論モデルを実行できるため、実装の用途に合ったモデルの選択と実行結果の検証が容易に行えるという。

photo

EDGEPLANT T1は、車載機器に求められるEMC規格(Eマーク)と信頼性規格(JASO D014)に準拠し、周辺機器や車両電源系統へのノイズ伝搬の抑制と高いイミュニティ性能、過電圧や逆極性電圧に対する保護機能や耐振動、衝撃性能を有する。また、車両のイグニッション信号に連動した自動起動と自動シャットダウンが可能で、特定のCAN信号に連動して起動するWake on CANのサポートなど、車載用途でのアプリケーション開発に対応する。

EDGEPLANT T1 - AI Ready Editionの商品構成は、EDGEPLANT T1本体、GNSSアンテナ、ailia SDKのライセンス、25ドル相当のAWSプロモーションコードとなっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 伝説の名機を小型化して技術情報公開を目指すオープンソースシンセサイザー「Profree-4」
  2. 一畳半からの製造販売——フィラメント職人Nature3Dの生存戦略
  3. イグアス、「3Dプリンター向け 仕上げ加工ツール」のオンライン販売開始
  4. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  5. キースイッチを完全自作——3Dプリンターで作るメカニカルキースイッチ「Void Switch」
  6. SHINING 3D、青色レーザーハンディー3Dスキャナー「FreeScan UE Pro」を発表
  7. 6時間以上、最長900km飛行可能な油圧駆動式の重量物運搬ドローン「Flowcopter」
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. 第4回 ラズパイを使う準備って何をしたらいいですか
  10. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る