新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」

MH-110PCLを用いて造形した建築模型サンプル

ミマキエンジニアリングは、UV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンター「3DUJ-553」で利用できるピュアクリアインク「MH-110PCL」を開発、2022年5月に販売を開始する。

MH-100CL使用時とMH-110PCL使用時での造形物の違い MH-100CL使用時とMH-110PCL使用時での造形物の違い

MH-110PCLは、同社の従来品インク「MH-100CL」の課題であったクリア造形物の黄色味を低減し、デザイナーや設計者が意図する、よりクリアな表現が可能となった。造形物の厚みが増しても透明感を損なわず、造形物の内部にカラー表現があるデザインも表現できるとしている。

スケルトンカラー表現の例 スケルトンカラー表現の例

さらに、MH-100CLと同様にクリアだけでなく、カラーインクを組み合わせたスケルトンカラーも造形可能だ。内部構造を確認するために可視化が求められる医療模型や建築模型の他、アート作品など3D CGデザイン分野での活用が期待される。

同製品は、容量4.8Lインクボトルで販売され、価格は19万3600円(税込)だ。

MH-110PCLは、3DUJ-553のみに対応しており、初回搭載時はオプション品の部品交換(OPT-J0510 PCL対応キット:価格6万3580円)が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る