新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IBM、実用的な量子コンピューティングの時代に向けた新たなロードマップを発表

IBMは2022年5月13日、量子コンピューティングの実現に向け、ロードマップの拡充を発表した。

同社は2020年に最初の量子ロードマップを発表し、ロードマップのタイムラインで示してきた各目標を達成してきた。

2021年には127量子ビットのプロセッサー「IBM Eagle」を発表。また、コンテナ型量子コンピューティングサービスおよびプログラミングモデルである「Qiskit Runtime」を用いた分子シミュレーション能力において、2017年の先行実験と比較し120倍の高速化を達成した。2022年後半には、433量子ビットのプロセッサー「IBM Osprey」を発表予定だ。

2023年には、Qiskit Runtimeとクラウド上に組み込まれたワークフローにより、コア量子ソフトウェア/スタックコアにサーバーレスアプローチを導入予定だ。さらにハードウェア面では、1000量子ビットを超えるユニバーサル量子プロセッサー「IBM Condor」の発表が予定されている。

新しいロードマップでは量子プロセッサーのスケーラビリティーについて、古典領域での通信と並列処理機能の構築、短距離のチップ間接続の導入、量子プロセッサー間の量子通信リンクの提供という3つの領域をターゲットにしている。これら3つの拡張技術を活用し、IBMは2025年を目標に、モジュール式に拡張されたプロセッサーによる複数のクラスターで構築された4000量子ビット以上のプロセッサーを目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る