新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ソラコム、常時録画対応のクラウドカメラサービス「ソラカメ」提供開始

24時間常時録画対応のクラウドカメラサービス「ソラカメ」の概要

ソラコムが、24時間常時録画対応のクラウドカメラサービス「ソラカメ」を提供開始した。

ソラカメはIoT製品を開発・販売するアトムテックと共同で開発。カメラ映像をクラウドに常時保存できるサービスだ。専用のスマートフォンアプリをインストールし、ナビゲーションに従ってカメラの初期登録をするだけの簡単な準備で利用開始できる。

ソラカメの本体 ソラカメの本体

1つのスマートフォンアプリから4台のカメラ映像の確認が可能だ。カメラに搭載するスピーカーとマイクを使って、カメラ前の人物と双方向通話することもできる。また、動きや音を検知した場合にのみ録画して、それを一覧表示するモーション検知機能も備えている。

カメラは1辺5cmの小型でWi-Fi対応のアトムテック「ATOM Cam 2」を使用。フルHD解像度で、夜間のカラー映像に対応するカラーナイトビジョン、および赤外線LEDによる白黒撮影に対応する。

利用料金は、初期費用がカメラ1台当たり2980円、月額費用はデータ保存期間によって異なり「7日保存」が月額990円、「14日保存」が同1650円、30日保存が同2160円(いずれも税込)となる。

サービス提供開始記念として2022年5月25日までの間、初期費用半額の1台1490円で利用できるキャンペーンを実施中だ。

なお、ソラコムとアトムテックはビジネス分野でのカメラ活用推進を目的とした資本業務提携契約を締結。今回のソラカメ提供は両社協業の第1弾となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る