新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作

タイピングした文字や幾何学模様を手書きするロボット「PlottyBot」を、Raspberry Pi Zero Wを使用してメイカーのBen Akrin氏が製作した。Raspberry Piの公式ブログなどで取り上げられている。

PlottyBotは、プロットプレビュー、再生、一時停止、停止などをWebインターフェースで制御できる。また自動キャリブレーション、手動キャリブレーションの機能も備え、数時間に及ぶ複雑なプロットでも、ステップを見逃すことなく作業できるという。Raspberry Pi Zero Wは、ステッピングモーター、リミットスイッチ、サーボモーターなどの制御を担っている。

万年筆など、さまざまなペンの種類に対応できる回転式ペンホルダーの採用により、UVインクなどの特殊なインクを使った描画も可能だ。インクの補充が必要な場合には、インク補充ルーティン機能が使用できる。

ロボットに使用する部品の多くは、3Dプリントで製作されている。Ben Akrin氏はWebサイト上で、すべての部品の3Dプリント用データとその他の部品リスト、さらに回路図を公開。各部品や回路の組み立て手順も動画や画像付きで事細かく説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る