新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売

オーディオデザインは、リニア電源駆動のミュージックサーバー「MS-100」を発売した。HDDやSSD、USBメモリー、NASなどに保存した各種音源を、USB接続したUSB-DACから再生できる。正面のタッチパネルだけでなく、タブレット端末、スマートフォン、PCからも操作可能だ。

MS-100は、整流回路と安定化電源を使用したリニア式電源を搭載。電源はRaspberry Piなどのワンボードコンピュータ向けに開発したものであり、5V/5Aと大容量でありながら、低ノイズ、低インピーダンスとなっている。

ラインアップはPCレスの「MS-100L」が9万9000円(税込)、TinkerBoardモデル「MS-100T」が12万1000円(税込)、Raspberry Piモデル「MS-100R」が12万1000円(税込)で計3種類。MS-100Lはシャーシ、電源、液晶モニタのみのモデルで、手持ちのRaspberry Piや互換ボードを搭載して使用する。

Raspberry Pi 4や互換ボードであるTinkerBoardを使用しているため、拡張性も高い。MS-100のシャーシはRaspberry Pi、TinkerBoardのどちらも取り付けられるため、ユーザー自身で交換も可能だ。またRaspberry Pi用のプラグインボードの追加や、空いたスペースを活用して自作基板やSSD/HDDなどを接続するなど、好みに合わせたカスタマイズもできる。

MS-100L以外のモデルは、Raspberry Pi用のメディアプレーヤーOSであるVolumioをプリインストール。各モデルのサイズは230×258×97mmで、重量は2.5kgだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る