新しいものづくりがわかるメディア

RSS


4種類のゲームがプレイ可能——レトロ調LEDドットマトリックス時計「Arcade Retro Clock」

レトロゲームへのオマージュを込めたLEDマトリックス時計がRaspberry Pi公式ブログで紹介された。

この時計には64×32のドットマトリックスを使用しており、パックマンのようなアクションゲーム「PaKdot」や、SF映画『トロン』にインスパイアされたスネークゲーム「Tron Lightcycle」、往年のゲーム機Intellivision(インテレビジョン)用「Astrosmash」をベースにしたシューティングゲーム「Astro Smash!」など、4種類のゲームをプレイできるのが特徴だ。

Arcade Retro Clock

ドットマトリックスの左側には日付、曜日、時刻が表示されており、その下には暗号資産の残高を指定通貨に換算して表示する。また、壁に飾るレトロなインテリアとしても利用できる。

Arcade Retro Clock

開発者は、8×8ドットマトリックスで開発を始め、16×16、64×32とマトリックスのサイズを拡大するにつれて、新たなゲームを追加していった。PaKdotについてはプレーヤーキャラクターのアルゴリズムも開発し、敵キャラのゴーストが撃退できる状態なら追いかけ、通常状態なら逃げ回るようにプログラムしている。

ハードウェアはRaspberry Pi 3 Model B以降に対応。LEDマトリックスにはAdafruitの「RGB Matrix HAT+RTC」を使用しており、プログラムのソースコードはGitHubでGPL3.0ライセンスに基づくオープンソースとして公開されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る