新しいものづくりがわかるメディア

RSS


PTC、CADソリューション「Creo」の最新バージョン「Creo 9.0」を発表

PTCは2022年5月19日、CADソリューション「Creo」の最新バージョン「Creo 9.0」を発表した。

Creo 9.0では、コミュニティに寄せられたユーザーからの意見をベースに操作性と生産性の向上が図られている。モデルツリーのアップデートにより設計意図の構造化や文書化を高速化し、サーフェスの分割/統一や設計意図の管理、スケッチャーやサーフェシングの改善、ワークフローやECADの機能強化など、さまざまな機能が追加されている。

また、モデリング時に使用できるマネキンも人間工学に基づいた設計として進化した。マネキンエディターでカスタマイズしたマネキンの作成が可能になったほか、操作性と拘束についても向上している。身長や体重に加え肩幅や手の長さ、靴の大きさなど、細かいパラメーターも設定可能だ。

さらに、新機能として視野の解析機能が追加され、視線や視野の解析が可能となった。例えばフォークリフトの作業席をモデリングする場合、実際に操縦者が座る場所に視点を指定することで、席から実際に見える視野はどの程度かなどを確認できる。

モデルデータ設計機能も改善が図られており、表面仕上げの直感的な作成や配置編集が可能になったほか、溶接において下流の製造工程に特化した情報をモデル上に直接定義することで、効率化とよりよい意思疎通が可能となった。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る