新しいものづくりがわかるメディア

RSS


必要なモジュールだけ切り離して使える——Raspberry Pi Pico用開発キット「PicoBricks」

Raspberry Pi Pico用のプロジェクト開発キット「PicoBricks」がKickstarterに登場し、人気を集めている。

PicoBricksは、電子機器やコーディングに興味を持つ全ての人々が、年齢や技能レベルにかかわらず、スマートホームのようなIoTプロジェクトやロボット作りができるように考えられた開発キットだ。

Pico Bricks

Raspberry Pi Pico搭載用基板「PICO BOARD」を中心に、128×64ピクセルのOLEDディスプレイ、RGB LED、LED付き押しボタン、温湿度センサー、リレー、ブレッドボード、ワイヤレスモジュール搭載用IoT基板、モータードライバー、ブザー、光センサー、ポテンショメーターといったモジュールが用意されている。全てのモジュールを含む外枠の大きさは100×150mmだ。

Pico Bricks

各モジュールにはヘッダーやコネクターが付属するので、モジュールのはんだ付けは不要だ。また、モジュールは外枠から切り離せるため、必要なモジュールだけを使ってプロジェクトを作成することもできる。ばらばらにしたモジュールは、3Dプリント製のベースプレートに格納できる。ベースプレート用のSTLファイルは別途配布中だ。

Pico Bricks

コーディングには「MicroBlocks」または独自のブロックプラミングツールを使用する。開発環境「Bricks IDE」やサンプルコード、チュートリアルも提供し、プログラミング初心者や子供たちの学習に役立てられる。経験者は、Pythonとブレッドボードを活用してより高度なプロジェクトを作成できる。

Pico Bricks

PicoBricks、接続ケーブル、バッテリーホルダー、チュートリアルをセットにした「Lite Kit」をベースに、Raspberry Pi Picoとジャンパー線などを加えた「Base Kit」、さらにWi-FiモジュールやPIRセンサーなどを追加した「IoT Starter Kit」、モーター、車輪、ボディキットなどを含む「Robotic Kit」、授業向けバンドルセット「Classroom Kit」などを用意している。

キャンペーン価格は、Lite Kitが39ドル(約5000円)、Base Kitが49ドル(約6300円)、IoT Starter Kitは59ドル(約7500円)、Robotic Kitは65ドル(約8300円)、Classroom Kitは599ドル(約7万7000円)。出荷は2022年8月の予定で、日本への送料は25ドル(約3200円)だ。

PicoBricksは、2022年6月10日までクラウドファンディングを実施中。2022年5月24日時点で、目標額1万ドル(約128万円)を上回る約10万8000ドル(約1380万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る