新しいものづくりがわかるメディア

RSS


周囲約3mまでの動きを検出する「Grove PIRモーションセンサーモジュール」発売

seeedは、「Grove PIRモーションセンサーモジュール」を発売した。PIRは周囲の赤外線放射量の変化によって人間などの動きを検知するセンサー。同製品は最大約3mまで、人間などの動きを検出できる。

同製品は、検出範囲内で物体の動きを検出するとSIGピンにHIGHを出力する。HIGHの出力時間や検出範囲は調整が可能。視野角は水平80°、垂直55°。検出分光感度は5~14nm、検出信号の保持時間は最大130秒となっている。

Raspberry Piで使用するには、拡張ボードのGrovePi+やGrove Base HATが必要になる。人感センサーが付いた照明や、侵入者の検知に使う警報機などでの利用を想定している。

seeedのサポートページではセットアップ方法や使用方法などが英語で説明されており、デモコードや回路図などの技術情報も公開されている。サイズは40×20×15mmで、重さは4.5g。価格は1375円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  3. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る