新しいものづくりがわかるメディア

RSS


米テスラ、ドイツに建設した欧州初の製造工場「ギガファクトリー」でEV生産開始

米Tesla Motors(以下、Tesla)は、ドイツのブランデンブルク州グリューンハイデに建設した大規模工場「Gigafactory Berlin-Brandenburg」(以下、ギガファクトリー・ベルリン)での電気自動車(EV)の生産を開始した。ギガファクトリー・ベルリンは同社にとってヨーロッパでの最初の製造拠点で、「最も先進的かつサステナブルで、効率のよい施設」だという。

このギガファクトリーには、同社の多目的スポーツ車(SUV)「Model Y」を製造する工場だけでなく、バッテリーセル生産工場も建設されている。Model Yの年間最大生産台数は50万台を見込んでいる。

2022年3月22日に行われたギガファクトリー・ベルリンの開所式には、ドイツのショルツ首相らが出席し、Teslaの進出を歓迎した。ドイツでは、フォルクスワーゲン(VW)がVWグループ投資計画の一環として、2022年3月4日にヴォルフスブルク本社工場近くにEV工場を新設する計画を発表しており、EVの生産能力を強化する動きが続く。

TeslaのEV生産能力は、ドイツのギガファクトリー・ベルリンや既存の生産拠点に加え、2022年4月7日にオープニングセレモニーを実施した米テキサス州オースティンの大規模工場「Gigafactory Texas」を含めると、2022年中に年間200万台になる見通しと報じられている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  4. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  5. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 80mm/s以上でも安定した造形——Anycubic、FFF方式3Dプリンター「Kobra Plus」発表
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る