新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリンター開発のグーテンベルクが3000万円の資金調達を実施

グーテンベルクは2022年5月27日、シードラウンドで総額3000万円の資金調達を実施したと発表した。

今回の資金調達は、東京管材、東日本銀行、フューチャーベンチャーキャピタルが共同で設立した東日本銀行地域企業活性化投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資によるものだ。

今回の資金調達により、同社は自社FFF(熱溶解積層)式3Dプリンターの開発/製造体制の強化、販売促進、人材確保を加速する。

同社はFFF方式の3Dプリンターを開発/製造/販売しており、2022年6月には高速造形(最大500mm/秒)が特徴の業務用FFF式3Dプリンター「G-ZERO」を発売予定だ。同製品は営業時間内での造形や学校の授業中など、時間的制約により使用が難しかった領域への展開も可能で、試作や一点物などの製作だけでなく、プラスチック製品の中量産を目指して作られている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る