新しいものづくりがわかるメディア

RSS


小ロットパーツ製造サービスを手掛けるProto Labsが日本撤退を発表(追記あり)

カスタムパーツの試作/小ロットのオンデマンド製造サービスを提供する米Proto Labsは、2022年5月31日(現地時間)に米国証券取引委員会へ提出した臨時報告書(Form 8-K)の中で、日本市場からの撤退を明らかにした。

同報告書では、日本の製造拠点の閉鎖と同地域における事業からの撤退が取締役会で2022年5月27日に承認されたと明記されている。計画は2023年中に完了させる予定だとしている。

今回の発表について、fabcross編集部は、同社の日本法人にあたるプロトラブズ合同会社にメールで問い合わせている。回答が届き次第、更新する。

Proto Labsは射出成形や切削加工、3Dプリントをオンラインで受注し、短期で納品するオンデマンド受託製造サービスを展開している。1999年に米国で創業し、北米と欧州5カ国に拠点を構え、日本法人は2009年に設立している。

【2022年6月2日16時30分 追記】
プロトラブズ合同会社はウェブサイトを更新し、日本での業務終了を発表した。最終受注日は2022年7月15日までとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る