新しいものづくりがわかるメディア

RSS


重量249g未満で4K/60fps動画を撮影できるミニドローン「DJI Mini 3 Pro」

DJIは、重量249g未満でありながら4K/60fpsの動画撮影が可能なミニドローン「DJI Mini 3 Pro」を開発した。

コンパクトに折りたためるデザインとなっており、標準バッテリーで最大34分、オプションのインテリジェントフライトバッテリーPlusを装着すれば最大47分の飛行が可能だ。前方/後方/下方ビジョンセンサーによる3方向障害物検知に対応するのに加え、対象を選択すれば被写体を自動でフレームの中心に捉えつつ安全な飛行ルートを判断する機能も備えている。

1/1.3インチCMOSカメラセンサーを採用。デュアルネイティブISOに対応し、低ISOと高ISOにそれぞれ対応する2系統の回路をセンサー内の各画素に備える。開放絞り値はf/1.7。48MP写真や、最大フレームレート30fpsのHDR動画なども撮影できる。ジンバルカメラは90°回転し、下から上を見上げるチルトアップアングルでの撮影や縦向きの撮影に対応。撮影した縦向きの映像は、編集しなくても高画質のままSNSに投稿できる。

DJI Mini 3 Proは、公式オンラインストアや正規販売代理店などで注文を受け付けている。機体単体での価格は9万2400円(税込)、最新の送信機DJI RCが同梱すると11万9900円(税込)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  3. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  6. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  7. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る