新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ArduCamからソニー製IMX219を搭載したRaspberry Pi用カメラモジュール

中国のArduCamは、ソニーのCMOSイメージセンサーIMX219をベースとしたRaspberry Pi用のカメラモジュールを開発。スイッチサイエンスが取り扱いを開始した。

8メガピクセルの固定焦点可視光カメラモジュールで、Raspberry Piが提供する公式のRaspberry Pi Camera v2.1と互換性がある。

静止画像の最大解像度は3280×2464ピクセル。フレームレートは1080pで30fps、720pで60fps。VGA90ビデオモードもサポートしている。カメラの有効焦点距離は3.04mm、視野角は最大62.2°であり、ドローンなどでの利用を視野に入れた製品となっている。

このカメラモジュールは2022年1月28日にリリースされたRaspberry Pi OS Bullseyeおよびlibcameraアプリケーションのみに対応。それ以前のRaspberry Pi OSには対応していない。

同製品はカメラモジュールに15cmと50cmの15pinFPCケーブル、15pinと22pinのFPC変換ケーブルが付属。価格は2574円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る