新しいものづくりがわかるメディア

RSS


最大8個のDCモーターを駆動可能な「Raspberry Pi Pico用高耐圧モータードライバ基板」

スイッチサイエンスは、最大8個のDCモーターを駆動できる「Raspberry Pi Pico用高耐圧モータードライバ基板」を発売した。

同製品は、電源端子がロジック用とモーター用の2系統に分かれ、電源電圧はロジック用が5~36V、モーター用が4.5~44V。DCブラシモーター用ドライバIC「TB67H450FNG」を8個搭載し、最大8個のDCモーターと接続可能だ。一部はDCモーターとの排他になるが、サーボモーターを最大6個接続できる。

基板上にはRaspberry Pi Pico用の標準ピンソケットを搭載。3chのアナログ入力端子も搭載し、リセットボタンも装備している。

サイズは76.2×71.12mm、税込価格は7920円だ。Raspberry Pi Picoや各種モーター類は本セットに含まれない。本製品はスイッチサイエンスのWebサイトから購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る