新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ビー・アンド・プラス、360°全方位に対応した「電界結合方式ワイヤレス給電」を開発

ビー・アンド・プラスは、新たに開発した多面電極構造を用いて360°全方位に対応した「電界結合方式ワイヤレス給電」を開発した。

photo

電界結合方式は、コンデンサと同じ原理を使ったワイヤレス給電の方式だ。絶縁層(空気)を挟んだ送電側と受電側の電極に高周波を流し、近づいた際に電界を介して電力伝送する。

photo

従来電極型は送電電極2枚と受電電極2枚が対向することで電界結合が起こりワイヤレス給電が成立するが、多面電極型はそれぞれの電極を細かく分ける構造を取っており、いずれかの電極が対向することで360°どの方向でもワイヤレス給電する。

photo

従来型の電極では、受電側の電極位置や角度が変わると電極同士の位置関係が変わり電極同士が対向しなくなる為にワイヤレス給電が成立しなくなるが、多面電極は構造上、電極同士の位置関係が変ってもワイヤレス給電を継続することが可能だ。電界結合の特長である電極の位置自由度や拡張性を新型多面電極方式も持っているため、複数対象への給電などの優位性も変わらない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る