新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Bfull、トップダウン式光造形3Dプリンター「B-SLAシリーズ」発売

Bfullが、オフィス内に設置可能なトップダウン式光造形3Dプリンター「B-SLAシリーズ」を発売する。

photo

今回発売するのは小型モデルの「B-SLA 180」と、大型モデルの「B-SLA 300」の2種類だ。

photo

トップダウン方式の光造形3Dプリンターは、寸法精度が高く、重力や重さによる剥離リスクが低いので造形性効率も高いのが特徴だ。弾力性のある材料を造形することもでき、吊り下げ式と比較して、サポート痕の後処理時間を短縮することもできる。最小径0.075mmのレーザーを点で照射するので高精度で造形できる。

photo

小型モデルB-SLA 180の造形サイズが130×130×180mmで積層ピッチが30~150μm、レーザー径/解像度は0.075~0.1mmだ。外形寸法は320×370×645mmで本体重量は38kgとなる。価格は198万円(税込)だ。

photo

大型モデルB-SLA 300の造形サイズは230×230×300mmで積層ピッチが50~150μm、レーザー径/解像度は0.1mmだ。外形寸法は625×500×1140mmで本体重量は86kgとなる。価格は473万円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  2. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  5. 3Dプリンター製液体ロケットエンジン「E-2」が試験燃焼でフル推力を達成
  6. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. 電気を使わずビニールテープ製フライホイールで動く8脚ロボット、発進!
  9. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」
  10. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る