新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロビット、AI搭載のカットロボット「CUTR」を開発——野菜などの不定形物にも対応

ロビットが、野菜などの不定形物のカット加工を自動化する「CUTR(カトル)」の提供を開始。AI技術をロボティクスに実装することで、不定形な食品加工であっても個体ごとの切り分けに対応し、不可食部の除去などを可能とした。

例えばレタスを加工する場合、芯などの不可食部を取り除く必要がある。しかし従来は、個体ごとのカットロスを少なくするため、手作業にならざるを得ないという課題があった。

CUTRは、AIが加工対象ごとに最適な切り方を選択することでカットロスを防ぐ。カット範囲、位置も対象ごとに設定できるカット機構を装備。また運用がしやすいように、しきい値を調整することで、不可食部等の除去率や切り方を柔軟に変更できるようにした。

開発には、同社のAI技術「TESRAY for food & agri」「PIQ」、雪国まいたけにおけるカット工程を自動化したAI搭載自動カットロボットなどのコア技術を基にしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  4. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  5. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  10. 第1回 ラズパイってなんですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る