新しいものづくりがわかるメディア

RSS


APPLE TREE、高さ600mmまで造形可能な大型FFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」を公開

APPLE TREEは、2022年下半期以降に日本国内で発売予定のFFF方式3Dプリンター「Guider 3 Plus」(FLASHFORGE製)を公開した。

同機は東京ビッグサイトで開催されている、「日本ものづくりワールド」内の「第5回 次世代3Dプリンタ展(AM Japan)」(会期は2022年6月22~24日)で展示されている。

Gioder 3 Plusの詳細な仕様は明かされていないが、最大造形サイズは350×350×600mmで、FLASHFORGE製の3Dプリンターでは最大になるという。GuiderシリーズはFlashforgeの中では一般消費者向けモデルに位置付けられているが、Gioder 3 Plusは主に企業での試作開発での利用を想定している。

販売価格は60万~70万円前後を想定し、2022年9月以降の販売を予定しているという。具体的な価格や販売時期や仕様については、追って公式に発表するとしている。

Guider 3 Plusの正面。上部には液晶フルカラーのタッチパネルが搭載されている。 Guider 3 Plusの正面。上部には液晶フルカラーのタッチパネルが搭載されている。
Guider 3 Plusの背面。フィラメントをできるスペースが2台分確保されている。 Guider 3 Plusの背面。フィラメントをできるスペースが2台分確保されている。
Guider 3 Plusの造形サンプル。 Guider 3 Plusの造形サンプル。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型バーコードスキャナーを作れるRaspberry Pi用拡張ボード「Zero Barcode HAT」
  2. 電源不要! ソーラーIoTデバイスを3万円台で作ってみた
  3. スイッチサイエンスが「Raspberry Pi Pico」新製品を販売開始
  4. ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始
  5. 独自のアルゴリズムで不可能を可能に——3Dプリントでエアロスパイクロケットの実用化を目指す
  6. ペットボトルを1週間で分解——プラごみの環境問題を解決するプラスチック分解酵素を発見
  7. 荒れた海でも水面近くを飛行できる——米軍の新型水上機「Liberty Lifter」
  8. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  9. 品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」
  10. 無電源で現場を監視——広角レンズ搭載のIoT自動撮影カメラ「ハイクカム LS4G」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る