新しいものづくりがわかるメディア

RSS


近日開催イベントリスト

ロボットのパーツ設計やプログラミングまで体験できるワークショップから、やりたいことを自由に進めていくRaspberry Piもくもく会まで(6月26日~)

ものづくり関連のイベント情報を毎週まとめてお知らせします。

新型コロナウイルス感染予防のため、イベントが急に中止される場合があります。
申し込み後も各イベントの公式サイトをよく確認してください。

【東京】ロボット製作はじめの一歩ワークショップ

photo

日時:6月26日(日)13:00~16:00
場所:シモキタFABコーサク室(東京都世田谷区北沢2-3-3 第二友和ビル2F)
対象:小学校4年生以上~大人まで
費用:5500円
主催:シモキタFABコーサク室
概要:ロボットのボディパーツ設計から、部品加工、プログラミングまで一気に体験することができるワークショップ。最新のレーザーカッターでロボットのパーツを切り出し、モーターのはんだづけを行う。設計とロボット駆動装置はプロトタイピングツール「VIVIWARE」を使用するため、プログラミングが初めての人や子どもたちでも、直感的に使うことができる。最後は完成したロボットで、コーサク室内あるコースで実際に動かす。詳細はURL参照。要申し込み。
https://peatix.com/event/3249311

【オンライン】IoT・ロボティクスを活用した、選ばれるスマートホームの最新動向

photo

日時:6月29日(水)13:00~14:00
場所:オンライン(Zoom)
費用:無料
主催:ユカイ工学
概要:自宅に限らず、賃貸マンションなどでの利用も注目されている「スマートホーム化」の流れ。しかし、利用するためのハードルが高いプロダクトも多く、人々の生活を豊かにするサービスが少ないのが現状だ。そこで日本におけるIoT事業開発の第一人者であるX-HEMISTRY CEOの新貝文将氏をゲストに迎え、「住む人を主役」に考えた企画/開発を続けるユカイ工学代表の青木俊介氏と取締役の鈴木裕一郎氏が、生活を豊かにするためのサービス開発の最前線を伝える。BtoB、BtoCプロダクトを扱っている事業会社の経営者や、新規事業開発に携わっている企画、マーケティング、開発マネージャーなどにおすすめ。詳細はURL参照。要申し込み。
https://peatix.com/event/3266352

【東京】Arduino,ESP32でIoT,フィジカルコンピューティング

photo

日時:7月2日(土)10:30~18:30 ※予約締め切りは6月27日(月)10:30
場所:浅草橋工房(東京都台東区浅草橋1-34-3 宏和浅草橋ビル1F)
費用:13200円
主催:浅草橋工房
概要:水耕栽培の制御装置を題材に、遠隔地からの自動制御を体験できるワークショップ。センサーデータなどをインターネット経由で送信するため、ESP32をArduino環境で開発する方法を学ぶ。「LINE」「Blynk」「Ambient」の使い方や、気温センサー/水温センサー/湿度センサーなどのセンサーデータの取得方法、大電流が流れる機器の制御などを体験できる。詳細はURL参照。要申し込み。
https://www.street-academy.com/myclass/28510

【北海道】分身ロボットOriHimeを使ってみよう! ~分身ロボットはコミュニケーションの壁を超えられるか?~

photo

日時:7月2日(土)13:00~17:00  ※申し込み締め切りは6月29日(水)24:00
場所:札幌市生涯学習総合センター ちえりあ 中研修室(北海道札幌市西区宮の沢1条1-1-10)
費用:会員無料、非会員はお試し参加1回のみ無料
主催:日本ファシリテーション協会北海道支部
概要:制約のある人の行動を肩代わりしたり、伝わりにくい感情を伝えたり、孤独感を解消する。空間の制約を飛び超えて、人と人との新たな関係性を生み出すロボットとして注目を集めている「分身ロボットOriHime」。このイベントでは参加者が実際OriHimeロボットを操作し、メンバーの一員としてクロスロードダイバーシティゲームを実践する。リアルやオンラインとのコミュニケーションとどこが違い、どこが一緒なのかを参加者みんなで探求する。詳細はURL参照。要申し込み。
https://peatix.com/event/3211007

【オンライン】第31回 Raspberry pi もくもく会@オンライン

photo

日時:7月3日(日)13:00~17:00
場所:オンライン(Zoom)
対象:Raspberry piを使ってもくもくしたい方
費用:無料
主催:Raspberry pi もくもく会
概要:Raspberry Pi初心者、熟練者を問わずみんなで集まり、各自やりたいことを進めていくもくもく会。初期設定など簡単な内容であればスタッフがサポートしてくれる。参加者同士が興味あるテーマで一緒に何か作ったり、知っていることをお互い教えあったり、情報共有の場になることを目指している。詳細はURL参照。要申し込み。
https://raspberry-pi-moku.connpass.com/event/251158/

【オンライン】KDDI 学生向けオンラインハッカソン 2022 SUMMER "ワクワクする夏休みの過ごし方をデザインしよう"

photo

日時:7月9日(土)9:00~7月10日(日)18:30 ※申し込み締め切りは6月26日(日)23:59
場所:オンライン
対象:大学生、大学院生、高専生
費用:無料
主催:KDDI
概要:KDDIが提供する学生向けのハッカソン「KDDI DIGITAL GATE HACKS(KDG HACKS)」。第6回目の開催となる今回のテーマは「ワクワクする夏休みの過ごし方をデザインしよう」。これまでの日常が戻りつつある今、ワクワクする体験と感染対策を両立するような、新しい夏休みの楽しみ方をテクノロジーの力を使い実現を目指す。実際にサービスを開発しているKDDIのエンジニアやデザイナーがチューターとして参加する予定のため、開発/チーム開発についても学ぶことが出来る。事前にオリエンテーションやアイデアソンも開催されるが、ハッカソンのみの参加も可。抽選結果は6月28日に電話にて通知される。詳細はURL参照。要申し込み。
https://techplay.jp/event/859098

なお、こちらは記事執筆時の情報です。
定員オーバーなどにより、ご参加できない場合もございますので、ご注意ください。

※ものづくりに関連するイベント情報がありましたら、問い合わせフォームからご連絡ください。

これまで紹介したイベント一覧

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  7. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  8. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」
  9. ハンディ3Dスキャナー「Einstar」のプロジェクト、Makuakeで開始
  10. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る