新しいものづくりがわかるメディア

RSS


内蔵スピーカーを除いた「M5Stack用MIDIモジュール2(-1版)」

necobitは「M5Stack用MIDIモジュール2(-1版)」を開発した。-1版は、先に発売された M5Stack用MIDIモジュール2 から内蔵のスピーカーとアンプを除いた製品。M5StackシリーズにオーディオインターフェースのMIDI IN/OUT (THRU)、オーディオ信号出力、シンク用パルスアウトを追加できる。

MIDI IN端子から外部のMIDI出力付キーボードなどのMIDI信号を入力できる。MIDI OUT/THRU端子はM5Stackで制御したMIDI信号を出力するが、ソフト側の設定によりMIDI IN端子から入る信号をそのまま出力するMIDI THRU機能としても使用できる。

AUDIO/SYNC OUTは3.5mmオーディオプラグ用端子で、端子のR側はオーディオ出力、L側はシンク用5V出力になっている。L側にパルス信号を乗せることで、KORG VolcaシリーズやTeenage Engineeringのシンセサイザーガジェットなどの外部デバイスのテンポを制御できる。

価格は4200円(税込)。本製品は組み立て済みで、M5Stack本体は含まない。なおM5Stack CORE2まで対応しているが、M5Stack FireではWi-FiやPSRAMを利用すると正常動作しない場合がある。本製品は、受託販売しているスイッチサイエンスのWebサイトから購入できる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る