新しいものづくりがわかるメディア

RSS


品質を維持したまま造形速度を2倍に——ミシガン大学発、3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」

ミシガン大学からスピンアウトしたUlendoが開発した3Dプリンター用ソフトウェア「FBS」が、北米最大級の3Dプリンター展示会「RAPID + TCT」で初披露された。ファームウェアに実装することで、造形品質を維持したまま3Dプリンティング速度を2倍高速化できる。

photo

新たなソフトウェアは、プリント中の振動を補正するアルゴリズムを搭載し、これまで品質維持のため必要だったプリント速度の低速化や、反りの発生を防ぐ。プリントヘッドを動作して造形する方式の3Dプリンターに実装できる。

FBS(Filtered B Splines)は数学関数に関連した技術用語のことで、マシンコマンドを最適な予測に基づき、プリント中の振動を補正するコマンドへ変換するために用いている。例えば、直線的な造形を試みても、振動のため上方向へ移動する場合、FBSアルゴリズムが下方向のパスをフォローするマシンコマンドに変換することで、真っすぐな造形が可能になる。

photo

Ulendoは3Dプリンターメーカーに対し、FBSを対象モデルの販売に応じてロイヤルティーベースで提供する。同社の技術チームが対象となる3Dプリンターの動作を分析し、カスタマイズしたプロファイルを作成、実装する。開発チームは今後、同アルゴリズムをロボットやマシンツール、別方式の3Dプリンターなどへ展開していく予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る