新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ELEGOO、10インチ8KモノクロLCD搭載3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始

中国のELEGOOは、10インチ8KモノクロLCD搭載の光造形方式3Dプリンター「Saturn 2 8K」の先行予約を開始した。同社初の8Kスクリーン搭載機で、8K対応レジンや新製品のFFF方式3Dプリンターなど、合わせてラインアップしている。

photo

Saturn 2 8Kは、7680×4320ピクセルのHD解像度と、28.5μmのXY精度で繊細な造形が可能だ。レイヤー厚は0.01~0.2mmで、各レイヤーの硬化時間は1~3秒だ。デリケートな8Kスクリーンを交換可能な硬度9H強化ガラスフィルムで保護し、高い光透過性と耐久性を維持しながら長寿命な運転が可能。独自開発の光学レンズ技術により光アングルを5度以下に抑えることで、COB光源の大角度問題やマトリックス光源の光点問題を克服し、よりシャープでリアルなプリントモデルの造形が可能になった。

Z軸には、デュアルライナーレールと滑り防止六角ソケットレベリングスクリューを採用し、安定した正確な動作でプリント品質を向上する。表面をサンドブラスト仕上げしたビルドプレートはモデルの接着力を強め、優れた隔離性のPFAリリースライナーフィルムが、プリントの成功率を高める。空気清浄システムを搭載し、活性炭フィルターがレジンの臭いを除去する。

本体サイズは305.9×273×567.3mmで、最大造形サイズは219×123×250mm、ビルドプレートのサイズは225×129mm。8K標準の水洗いレジンや、50℃でグレーから紫に色が変わり、冷えると元の色に戻る熱変色性レジンも提供する。公式サイトで注文を受け付けており、予定小売価格600ドル(約8万2000円)のところ今なら550ドル(約7万5000円)で購入でき、出荷は2022年8月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る