新しいものづくりがわかるメディア

RSS


システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売

システムクリエイトは「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」の販売を2022年7月1日より開始した。

同製品は、CNC加工を卓上サイズから始められる切削加工機だ。軽金属をはじめとするさまざまな材料の加工が可能で、最終製品と同じ素材を使ってモデルを作成できるため、実際の製品に近い試作によるデザインの確認や構造検証、治具などを作成可能だ。

自動計測機能により、加工の段取りに必要な工程を短縮する機能を搭載。ワークサイズを自動計測することで加工開始までの時間を短縮できる。

厚さ約16mmのアルミフレームと直径20mmの大径の案内シャフトを採用し、本体剛性を確保。スピンドルには回転数1万~2万8000rpmの高回転スピンドルを採用している。

また、スピンドルには導電性プローブシステムを備えており、テーブルと工具が触れた座標から、工具長を測定して自動で補正し、ワーク位置と併せて工具長も自動で測定/補正する機能を備えている。

安全性にも配慮されており、加工エリアは完全に囲まれたフルカバー構造のため機外に切粉が飛散せず、ワークや折れた工具が飛ぶなどのトラブルも抑制できる。さらにインターロック機能を搭載しており、機械の稼働中に本体正面のフロントドアが開くとセンサーが検知し、自動的に機械の稼働を停止し、トラブルを未然に防止できる。

サイズは502×530×492mm、重量は36kg。オプションアクセサリーとして回転軸を付加する4軸加工ユニットや、切削時の切粉を集塵するオプションキットなどを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る