新しいものづくりがわかるメディア

RSS


システムクリエイト、デスクトップで軽金属を切削できる「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」を発売

システムクリエイトは「BANTAM TOOLS 卓上CNCフライス盤」の販売を2022年7月1日より開始した。

同製品は、CNC加工を卓上サイズから始められる切削加工機だ。軽金属をはじめとするさまざまな材料の加工が可能で、最終製品と同じ素材を使ってモデルを作成できるため、実際の製品に近い試作によるデザインの確認や構造検証、治具などを作成可能だ。

自動計測機能により、加工の段取りに必要な工程を短縮する機能を搭載。ワークサイズを自動計測することで加工開始までの時間を短縮できる。

厚さ約16mmのアルミフレームと直径20mmの大径の案内シャフトを採用し、本体剛性を確保。スピンドルには回転数1万~2万8000rpmの高回転スピンドルを採用している。

また、スピンドルには導電性プローブシステムを備えており、テーブルと工具が触れた座標から、工具長を測定して自動で補正し、ワーク位置と併せて工具長も自動で測定/補正する機能を備えている。

安全性にも配慮されており、加工エリアは完全に囲まれたフルカバー構造のため機外に切粉が飛散せず、ワークや折れた工具が飛ぶなどのトラブルも抑制できる。さらにインターロック機能を搭載しており、機械の稼働中に本体正面のフロントドアが開くとセンサーが検知し、自動的に機械の稼働を停止し、トラブルを未然に防止できる。

サイズは502×530×492mm、重量は36kg。オプションアクセサリーとして回転軸を付加する4軸加工ユニットや、切削時の切粉を集塵するオプションキットなどを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る