新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハーティング、組み込み向けラズパイ搭載の産業用コンピューター「MICA-R4」を受注開始

ハーティングは、Raspberry Piの組み込み用モデルであるRaspberry Pi Compute Module 4を搭載した産業用コンピューター「MICA-R4」の受注を開始した。

MICA-R4はCortex-A72プロセッサーを内蔵している。RAMは従来モデルと同じ1GBから最大8GBまで選択可能。通信は従来の100Mbpsだけでなくギガビットイーサネットにも対応する。新たにM.2スロットによる内蔵ワイヤレス機能やストレージなどの拡張機能に対応している。

電源は24Vで、サイズは132×35×95.4mmだ。筐体はアルミダイカストを使用し、重量は700~800g。拡張用のカスタムボードに追加のUSBポートやIO-Link用ポートを備えたモデルや高性能マイコンSTM32を搭載したモデル、GPIO接続が可能なモデルなどがある。

MICA-Rシリーズは、Compute Moduleを搭載した低コストの小型コンピューター。製造現場のIoT化に対応し、産業用途での長期稼働を想定した産業用グレード製品だ。一般のRaspberry Piと同じOSやソフトウェアで動作し、放熱性や耐振動、耐衝撃、耐EMC、最大IP65の防塵防水性能を備える。拡張用のカスタムボードを利用し、USBポートやIO-Linkポートの追加、STM32マイコンの追加やGPIO接続など、状況に応じたカスタマイズモデルの構築が可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  8. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る