新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ブラウン管テレビにRaspberry Piを組み込んでみた——昔の映画を楽しめる「Raspberry Pi TV Simulator」

Raspberry Pi公式ブログが、ブラウン管テレビにRaspberry Piを組み込んでレトロフィットした「Raspberry Pi TV Simulator」を紹介している。

ブラウン管テレビは、ブラウン管後方の電子銃から発射された電子(電子ビーム)が前方画面の内側に塗られた蛍光物質に当たって発光することで画像を表示する装置で、かつては多くの家庭で使われていた。現在のデジタル液晶テレビと比べると、ブラウン管テレビは画質も粗くノイズも多い。本体も奥行きがあり場所を取るが、今でもレトロゲームや家電改造が好きな人たちに愛されている。

Raspberry Pi TV Simulator

ブラジル在住のMakerであるRodrigo Feliciano氏もその1人で、古い白黒テレビを改造し、Raspberry Piを使って昔の映画を再生できるようにした。側面のつまみを回せば「チャンネル」も切り替えられる。

AM/FMラジオ付きの5インチブラウン管テレビの内部には、Raspberry Pi 3 Model B+、Arduino Pro Mini、レギュレーター、リレーなどを組み込んだ。Raspberry PiはPythonスクリプトを実行して保存している動画ファイルをランダムに再生し、Arduinoはポテンショメーターの電圧を取得してリレーをオン/オフすることで、ビデオ入力とテレビ回路からのノイズを切り替える。

Raspberry Pi TV Simulator
Raspberry Pi TV Simulator
Raspberry Pi TV Simulator

元のテレビ基板も利用しており、切り替え時に現れる砂嵐はテレビ基板の回路から取得しているので、レトロ感をさらに増す。Feliciano氏がYouTubeチャンネルで公開しているデモ動画では、知的財産権が発生しないバブリックドメインの映画を、アメリカの非営利団体が運営しているInternet Archiveからダウンロードして使用している。

時にマウスのカーソルが画面上に現れるなど、改善点はいくつかあるようだ。また、ブラウン管テレビ内部には高電圧の箇所もあり非常に危険なので、取り扱いについては十分注意する必要があると警告している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る