新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自転車工場でRaspberry Piを100台以上使用——生産ライン監視や屋内環境モニタリングに活用

Raspberry Piを最初期モデルから自社工場に導入している英Brompton Bicycleでの活用例が、Raspberry Pi公式ブログで紹介された。

Brompton Bicycle meets Raspberry Pi

Brompton Bicycleは1970年代半ばから折り畳み式自転車を製造している企業で、ロンドンの自社工場で職人たちが1台ずつ手作業で折り畳み式自転車を作っている。2013年に初めてRaspberry Piの初期型モデルであるRaspberry Pi 1 Model Bを9台導入し、当時は、製造ラインを構成していた9つのステーションの監視に使用していた。

現在(2022年)は工場内のさまざまな場所に100台以上のRaspberry Piを導入しており、製造ラインなどでのデータ取得だけでなく、工場内の空気質管理などさまざまな用途で使用しているという。

Brompton Bicycle meets Raspberry Pi
Brompton Bicycle meets Raspberry Pi

同社は、これまでにRaspberry Pi以外のシングルボードコンピューターを試用して検討してみたこともあるが、Raspberry Piは性能と価格面で他の製品より優れているという結論に達した。

同社のシニアソフトウェアエンジニアであるKane Tracey氏によると、「工場内のどこであれデータを収集する必要があるなら、『パイ(Pi)』を投げつける」という方針があるという。Raspberry Piとパイ(pie)投げを引っ掛けた言い回しだが、工場内のあらゆるデータをRaspberry Piで取得して活用しようとする同社の姿勢をうかがうことができる。

Brompton Bicycle meets Raspberry Pi

生産台数の増加に伴い、同社では正確な目標時間がますます重要になってきており、Raspberry Piは同社の自転車製造にとって今や欠かせない存在だ。Tracey氏は、工場で自転車1台を製造するためにかけられる時間(タクトタイム)を守りながら、目標生産台数を達成しなければならないが、目標達成のためにRaspberry Piは役立っていると述べている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表
  10. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る