新しいものづくりがわかるメディア

RSS


組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)

ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種)がMakuakeで注目を集めている。

同製品は、組み立て後に動かせるステンレス鋼製のメタルモデルだ。Lost at sea(船)、Splashing dreamer(飛行機)、Polar steel(機関車)、Master of time(時計)の4種類をラインアップしており、各モデルにはプロペラなど細部を動かすためのモーターも付属する。

部品は手だけで切り離し、接着剤なしで組み立てる。付属する工具キット(手袋、クロス、ラジオペンチ、やすり)で届いた後すぐに作り始められる。組み立て説明書は日本語を含む14言語で記載されており、手順が詳しく図解されている。

製作元のMetal Time Workshopはウクライナの首都キーウに所在しており、応援の意味も今回のプロジェクト立ち上げにつながった。同社の生産ラインでは、高出力レーザーによる切断とニブリング技術が使用されており、同国で取得した特許を使用して製造している。

一般販売予定価格はLost at seaが2万900円、Splashing dreamerが1万4850円、Polar steelが1万7380円、Master of timeが1万8480円。MakuakeではLost at seaが1万7900円、Splashing dreamerが1万2700円、Polar steelが1万4900円、Master of timeが1万5800円となるプラン(価格はすべて税込)や、2〜4種セットの割引プランを用意している。

2022年7月28日21時のクラウドファンディング開始から12時間後に目標金額の500%を達成し、同年8月1日現在では目標金額の10倍以上となる124万1000円以上を集めている。2022年8月30日までクラウドファンディングを行い、リターンは同年10月末までに発送予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  4. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. 加工不要な木製品——MIT、植物細胞から木材を培養する実験
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. ArduinoでもRaspberry Piでも動かせるDIYロボットキット「CodeRover」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る