新しいものづくりがわかるメディア

RSS


リアルアバター、全身3Dスキャナー「RealAvatarOne」シリーズ発表

TAG

新製品 新サービス 3Dスキャナ

リアルアバターは、全身3Dスキャンシステム「RealAvatarOne」シリーズを開発し、システム販売とともに出張スキャンサービスを提供する。

photo

RealAvatarOneシリーズは、シンプルな構成でメタバース内で利用するために必要十分なクオリティのリアルアバターが作成できる。

photo

出張スキャンサービスの基本出張料は15万4000円(税込)、従量費用は3Dモデル作成1万1000円(税込)×人数(データ形式は.obj+.png+.mtl)。3Dモデルのプレビューは当日現場でも可能で、データ納品は原則翌日から最大1週間となる。

システム販売における「RealAvatarOne-protos」、「RealAvatarOne-light」の機器の参考価格は税込み297万円(ソフトウェアライセンス別)。デジタル一眼カメラ使用「RealAvatarOne-ichigan」のシステム構築の参考価格は2300万円(96台使用時。最大240台)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る