新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始

スイッチサイエンスは、M5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」の販売を2022年8月5日に開始した。

同製品は、Wi-Fi/Bluetoothデュアルモードを利用可能なEspressif ESP32チップ(ESP32-D0WDQ6-V3)を搭載。1.14インチIPSディスプレイパネル、入力ボタン3個と電源ボタン、拡張端子、USB Type-A(フルサイズ)端子を備えている。

RS-485規格で通信、電源供給が可能な「M5Station-485」と、バッテリー(3.7V 18650セル)を搭載可能な「M5Station-BAT(電池なし)」の2モデルを販売する。価格はM5Station-485が6963円、M5Station-BAT(電池なし)が7535円だ(全て税込)。

なお、スイッチサイエンスでは18650充電池単体の取り扱い予定はないが、動作が確認できたブランドのバッテリーをセットにしたキットの少量試供販売を検討している(時期未定)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る