新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dプリント製ヴィーガンハンバーガー——イスラエルのSavorEat、アメリカ市場に「Robot-Chef」システムを試験導入

イスラエルのSavorEatは、アメリカにおけるビジネスパートナーSodexo Operationsと、コロラド州の2大学への3Dプリント製食品の提供について合意した。SavorEatが主要な市場と位置付けるアメリカにおいて、植物由来の代替肉を使った製品の認知度向上を狙う。

photo Robot-Chef

SavorEatは、独自に開発した非遺伝子組み換え植物ベースの素材と3Dプリント技術を用い、代替肉プロダクトを提供するスタートアップ。動物の肉を使うことなく、消費者の好みに合わせた肉の食感と味を代替肉で再現する。

SavorEatが独自に開発した「Robot-Chef」システムと素材を充填したカートリッジがあれば、場所を選ばず代替肉を自動で調理できる。脂肪やたんぱく質の量、密度などのカスタマイズにも対応し、5分ごとに3皿分の代替肉を完成できるとしている。将来的には、ステーキやケバブ、代替シーフードも開発するという。

SavorEatとSodexoは、2022年度の第4四半期に、コロラド大学とデンバー大学にRobot-Chefシステムを試験的に導入し、植物由来のハンバーガーやターキーバーガー、ソーセージパテなどを提供する予定。期間中は毎日、多数の学生や訪問者が利用できるとしており、代替肉製品の認知度向上を図る。両社は導入試験の結果を精査し、商業化に向けたより広範な提携を進める予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る