新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「テルミンmini」の改訂復刻版が付属──学研プラスが『大人の科学マガジン BESTSELECTION 06 テルミンmini』を発売

学研プラスは『大人の科学マガジン BESTSELECTION 06 テルミンmini』を2022年9月1日に発売する。

『大人の科学マガジン』では音量調整機能を省いたミニチュアサイズの「テルミンmini」を付録したものを2007年に発売しており、今回発売するのはテルミンminiの演奏の安定性と拡張性をアップした改訂復刻版となる。

通常、テルミンには音程変化と音量変化のための2本のアンテナが存在するが、テルミンminiのアンテナは音程変化用の1本のみで、音量は2段階で切り替え可能だ。アンテナと手の距離を変えると音程が変わり、近づけると高い音、離せば低い音になる。

前作のテルミンminiでは針金製だったアンテナをアルミパイプに変更することで、演奏性能がアップした。また本体背面には音程を安定させるためのアースと外部出力用の3.5mmステレオミニジャック端子を追加し、ヘッドホンやイヤホンのほか、アンプやエフェクターなどの接続も可能だ。

付属のガイドブックでは、テルミンの歴史や楽器としての特性、物理的/電気的な原理などを解説している。「あきらめないテルミン講座」ではチューニングの方法や音の出し方、簡単な曲の演奏方法などを漫画で説明している。判型はA4変型判、24ページで価格は3850円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3色表示可能な電子ペーパーを搭載したArduino互換ボード「Inkplate 2」
  2. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  3. 10インチ8KモノクロLCD搭載——Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon M3 Premium」発表
  4. Snapmaker、独立型デュアルエクストルーダー搭載3Dプリンター「J1」の先行予約開始
  5. 液晶が丸くなるだけで面白い、ダイヤル式デジタル万華鏡を作る
  6. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  7. 第1回 ラズパイってなんですか
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 木製品を製造できる、環境に優しい植物由来の3Dプリンター用インクを開発
  10. Liqcreate、柔軟性と高弾性を追求した光造形3Dプリンター用レジン「Elastomer-X」を発表

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る