新しいものづくりがわかるメディア

RSS


smartDIYs、カスタマイズ可能な新型レーザーマーカー2機種発売

smartDIYsが、カスタマイズ可能な金属加工向け「LM110C」とアクリル/木材向け「LM140R」の2種類のレーザーマーカーを発売した。

photo

LM110Cは30Wのファイバーレーザーを搭載しており、金属への刻印が可能なレーザーマーカーだ。アルミや真鍮、銅など金属の加工に適しており、ABSやポリカーボネートなどの一部樹脂素材も加工できる。

photo

素材の種類や大きさによって、レーザー発振器をQスイッチ(標準)とMOPA型の2種類から選択でき、加工エリアも3種類から選ぶといったカスタマイズに対応する。ヘッドには従来とは異なる構造を採用しており、従来機と比較して約30倍のスピードで刻印できる。

photo

また、円柱の素材やリングなどを加工するための回転軸も3種類オプションで用意している。価格は58万7400円(税込)からだ。

photo

LM140Rは、30WのCO2レーザーを採用。アクリルや木材、革などの加工に適したレーザーマーカーだ。

photo

標準でガルバノスキャナを搭載しており、加工スピードは従来機の約20倍に向上。レーザー発振器はRF金属管を採用し、ガラス管のものより耐久性が向上した。このモデルも2種類の加工エリアから適したものを選択でき、回転軸などのオプションも用意されている。価格は84万7000円(税込)からとなる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る