新しいものづくりがわかるメディア

RSS


しゃべった内容をテキスト表示できるウェアラブル字幕ディスプレイ「Deepgram Subtitle Hoodie」

Raspberry Pi公式ブログが、ウェアラブル字幕ディスプレイ「Deepgram Subtitle Hoodie」を紹介した。

Deepgram Subtitle Hoodieを開発したZack Freedman氏は、難聴者の店員に伝えたい内容をうまく伝えられなかった経験から、音声言語を視覚化する必要性を感じ、音声認識AIを実装したディスプレイを胸元に取り付け、自分の声をマイクで拾って、話した言葉をディスプレイにテキスト表示すれば、どんな人にも自分が話す言葉を全て伝えられると考えたという。

Deepgram Subtitle Hoodie

Deepgram Subtitle Hoodieは、パーカーのフード部分にしまいこむように小型のピンマイクを取り付けてあり、パーカーを着た人が話すと、マイクが話し声を拾って音声データとしてクラウドサービスに送信する。その音声データを音声認識AIがテキスト化し、クラウドサービス経由でディスプレイにリアルタイムでテキスト出力するという仕組みだ。音声認識および音声テキスト変換APIの実装とコーディングには、自動音声認識技術開発に特化したスタートアップDeepgramが協力している。

Deepgram Subtitle Hoodie

ディスプレイには、Freedman氏が2021年に作製したRaspberry Pi 400搭載「Data Blaster Cyberdeck」から流用した6.86インチLCDタッチスクリーンを使用。メイン基板はRaspberry Pi 3 B+を採用している。

また、オーディオ入力用のサウンドカードとしてIQAudio製Raspberry Pi対応「Codec Zero」オーディオインターフェースHATボードを使用。基板を収納する外箱やディスプレイのフレームは3Dプリントして作製している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る