新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D CADでNゲージ車両を作図できるように——「鉄道模型3Dプリンタガイド2」発売

ネコ・パブリッシングが、ムック本「鉄道模型3Dプリンタガイド2」を発売した。

本書は、2015年に刊行した「鉄道模型3Dプリンタガイド」に続くシリーズ第2弾だ。第1弾の発売から7年経過したことによる3Dプリンターの普及や進化に対応している。

入力編では、3D CADソフト「AUTODESK Fusion 360」の基本操作と、平面による作図方法を解説。作図で使用する機能とともに、直線や長方形の描き方などを学んでいく。実践的な操作がわかるように、同ソフトを使ったNゲージ車両の作図手順もまとめている。

出力編では、オンライン出力サービス「DMM.make」の3Dプリント造形サービスの活用方法や、鉄道模型に適した3Dプリント用素材一覧を紹介。3Dプリンター「Phrozen Sonic XL 4K」の出力手順とともに、素材となるレジンの種類や特徴、扱い方にも触れている。

解説者は永井健太氏。B5判で、価格は1800円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る