新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ORPHE、スマートシューズによる動作分析ソリューション「ORPHE ANALYTICS」をリリース

ORPHEは、コンパクトなシステム構成と容易なセットアップで手軽な運用を実現する動作分析ソリューション「ORPHE ANALYTICS」を正式リリースする。

photo

ORPHE ANALYTICSは、スマートシューズによる歩行分析と画像解析による全身の姿勢推定で高精度な動作分析を提供する。インターネット接続環境、最新のGoogle Chromeを搭載したMac/PC、iPhone、小型軽量のセンサーデバイス「ORPHE CORE」を用意するだけで、全身の動作と歩容を同時に計測できる。

歩行周期の区分ごとの時間、着地と離地の角度、プロネーションや着地衝撃といった歩容評価のための指標や、全身で18の関節点を取り出す姿勢推定情報を計測できるだけでなく、Apple Watchの心拍計測機能や足圧インソールの圧力測定機能など、他社製のデバイスなども連携してあらゆる面からの動作計測が可能だ。

photo

取得した計測データは、ORPHE ANALYTICSの計測用スマートフォンアプリに集約されてからクラウドに送信されて解析される。解析したデータはORPHE ANALYTICSのダッシュボードアプリで確認でき、CSVでダウンロードできる。30秒間の計測なら計測からデータ確認までを最短約2分で完了。データの可視化には、アプトポッドの提供する高速IoTプラットフォーム「intdash」を利用する。

分析できるデータは、足の動きの計測データ、動画を解析して取得する全身姿勢推定データ、Apple Watchや足圧インソール(開発中)などのセンサーデバイスから取得できる心拍データや圧力中心の推定データなど。

すべての機能を利用可能で商用利用に制限のあるアカデミックプランと商用利用可能なビジネスプランをラインアップし、月額料金は3万3000円(税込)から。計測から分析までを同社が受託する分析サービスや、ORPHE COREを搭載できる専用シューズもオプションで提供する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  3. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  4. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  5. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  6. MITの学生チーム、金属3Dプリンティング用金型鋼材料を開発——Teslaギガファクトリーの金型製造も
  7. シャープの懐かしPC「X68000」を復活させるプロジェクトがKibidangoに登場
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  10. 第11回 抵抗? コンデンサー? IC? ラズパイで扱う電子パーツについて教えて!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る