新しいものづくりがわかるメディア

RSS


再生プラスチックも使用可能——メンテナンスフリーのプラスチック製自転車を発表

モーションプラスチック(可動部向け樹脂製品)の製造と販売を手掛けるドイツのIgusは、オランダのスタートアップMTRLと共同で、90%以上がプラスチック製のシティサイクル「igus:bike」を開発した。錆びることがなくオイルも不要、ほぼメンテナンスフリーの自転車で、再生プラスチックからも製造できる。2022年5月30日から開催されたドイツの産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」で発表された。

Igusは、モーションプラスチックの知識を自転車に応用し、igus:bikeのリムブレーキ、フリーホイール、ギアボックスまで、多くの部品をプラスチックで製造した。耐久性が高く、スチールと違って錆びる心配がないほか、すべての可動部品は固体潤滑剤を含むためオイルも不要だという。そこに、再生プラスチック製フレームとホイールを使った自転車を開発する、MTRLの技術が融合した。重量は約17kgとしている。

価格は、アップサイクル可能なプラスチック製モデルが約1200ユーロ(約16万6000円)、リサイクルプラスチック製モデルは約1400ユーロ(約19万4000円)となる見込みだ。予定では、2022年末にオランダ、2023年夏にドイツで発売する。さらに、キッズモデルの販売も計画している。

Igusは、埋め立て地に廃棄されるプラスチックを貴重な資源ととらえ、現地で海洋プラスチックをモーションプラスチックに変えて、現地でのサプライチェーンを構築したいと表明。igus:bikeをプラットフォームとして、新しい自転車産業を促進したいとしている。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. Raspberry Piと3Dプリンターで自分好みのデジカメを作ろう——レンズ交換式カメラ「PIKON Camera」
  4. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  7. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. 第9回 ラズパイでWindowsとやり取りするにはどうしたらいいですか

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る