新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アマノとPreferred Robotics、自律移動型小型床洗浄ロボット「HAPiiBOT」を共同開発

アマノとPreferred Roboticsが、AIによって自律移動する小型床洗浄ロボット「HAPiiBOT(ハピボット)」を共同開発した。

photo

HAPiiBOTは、自己位置認識や画像セグメンテーション(画像から物体を識別する技術)にAI技術を利用し、人や障害物を正確に認識して自律移動しながら、施設などの床面を洗浄する。

幅560mmのコンパクト設計のため、通路の狭い食品スーパーなどこれまでロボットの使用が難しかった場所や施設でも導入できる。導入時は、清掃対象エリアの外周を登録するだけで、HAPiiBOTが周囲をセンシングしながらエリア内の通路を自律移動。走行可能ルートを自動で生成する。

HAPiiBOT開発にあたっては、Preferred Roboticsがナビゲーションシステムや低消費電力型のエッジCPUボードを独自開発。画像セグメンテーションや自己位置認識、自律移動を実現するソフトウェアを同社親会社のPreferred Networksと共同開発した。これらをアマノのハードウェア技術と統合することで、洗浄力や節水性能、安全性に優れ、かつ使い勝手のよい自動清掃ロボットを実現した。

連続使用は2時間で清掃幅は508mm。本体サイズは550×1220×940mmで重量は200kgだ。今回複数台のロボット稼働状況の監視や清掃ルートの変更などの制御ができるクラウドサービス「AMANO Robot Cloud」も同時リリースする。

価格は320万円(税別)で、2022年10月1日からアマノが販売する。同社では2022年度に200台、2023年度に600台の販売を目指す。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  8. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る