新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Anycubic、DLP方式3Dプリンター「Photon D2」など新ラインアップ発表

中国のAnycubicは創立7周年を迎えるにあたり、3Dプリンターを含む新たな製品ラインアップを発表した。

photo

DLP方式3Dプリンター「Photon Ultra」をアップグレードした「Photon D2」は、米TI(テキサス・インスツルメンツ)のライティングソリューションを引き続き採用。また、光均一性を92%に向上する最新の補正アルゴリズムと、16ステップのグレーアンチエイリアスアルゴリズムにより、造形プロセスの安定性と精度を高めている。

photo

プロジェクター(解像度:2560×1440)の寿命は約2万時間で、LCD方式のようなスクリーン交換は不要、メンテナンス性にも優れている。最大造形サイズは165×131×73mmとPhoton Ultraより大きく、外部ファンを使わなくても動作温度を45℃以下抑え、動作音も55dBと静かだ。本体サイズは438×236×226mmで、重さは4kg。2.8インチのTFTタッチパネルを搭載する。

photo

エントリーモデルのFFF方式3Dプリンター「Kobra Go」は、自分で組み立てられるモジュラー構造となっており、3Dプリンターの仕組みの学習に最適。独自のオートレベリングシステム「LeviQ」を搭載し、初心者にとって難しいレベリングのプロセスをわずか6分で完了できる。

photo

PEIコーティングのメタルシートは耐摩耗性を備え、ショックや曲げにも強い。磁気性プリントベッドにしっかりと装着でき、造形モデルはシートを軽く曲げるだけで簡単に取り外せる。標準造形速度は毎秒60mmで、最高毎秒100mmの高速造形も可能。最大造形サイズは250×220×220mm、本体サイズは490×445×443mmだ。ツマミで操作する、2.4インチのLCDスクリーンを搭載する。

photo

プロフェッショナル向けレジン「ABS-Like Resin Pro」は、耐衝撃性を備えたパーツを高精度に造形できる。造形パーツは使用中の損傷が少なく、高い材質性能の要求にも応える。

新製品は公式サイトなどで入手でき、Photon D2は679ドル(約9万7200円)~、Kobra Goの先行予約(2022年9月12日開始)は189ドル(約2万7000円)~、ABS-like Resin Proの1KGは42ドル(約6000円)~(2022年9月26日発売予定)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  6. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 第1回 ラズパイってなんですか
  9. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  10. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る