新しいものづくりがわかるメディア

RSS


NASAが宇宙開発の実績を活かして、深海探査ロボットをテスト中

Credits: Nauticus Robotics Inc.

米NASAのジョンソン宇宙センターに所属するロボット工学チームは、米Nauticus Roboticsと協力し、海事産業のコスト削減につながる潜水ロボット「Aquanaut」を開発中だ。その状況を、2022年8月4日更新のNASAの記事が伝えている。

かつてNASAと米GM(ゼネラルモーターズ)が開発した人型ロボット「Robonaut 2」は、2011年に国際宇宙ステーションで運用され、宇宙飛行士のアシスタントとして活躍した。Nauticus Roboticsには、当時Robonaut 2の開発に携わった元NASAエンジニアが約20人在籍し、潜水ロボットAquanautの開発に加わっている。

既存の潜水ロボットは、操作者のコンソール機器との間はケーブルで接続され、高速データ転送や繊細な制御ができる。しかしその裏には、海上に巨大な支援船が必要であり、費用は1日あたり約10万ドル(約1380万円)で、70トンの温室効果ガスが排出される。一方、宇宙空間で活動するロボットが使用できる通信速度は限定的で、例えればダイアルアップ回線のようなものだという。Aquanautは、宇宙空間用ロボットと同じく、遠隔地のコントロールセンターから最小限の監視のもとで自律的に作業する。

Aquanautの外観は、鮮やかなオレンジ色でスポーツカーほどの大きさだ。電動によるプロペラ推進で、魚雷のような姿で目的地に到達する。作業の開始前にシェル(カバー)を開くと、カメラやセンサーが正面に現れる。そして2本の腕を持ち、さまざまなアタッチメントを使用できるロボットに変身する。

Aquanautの用途は、沖合の石油やガス生産施設、海洋風力発電設備の点検と整備、また海中養殖場の網や籠の定期清掃と点検など想定している。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  2. 厚さわずか15μm——MIT、超軽量かつ高強度な布製太陽電池を開発
  3. 人体内で発電するカプセル型微生物燃料電池を開発
  4. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  5. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  6. 第1回 ラズパイってなんですか
  7. 造形速度が5倍速に——「Hyper FFF Raise3D Pro3シリーズ 高速化アップグレードキット」発売
  8. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  9. カスタムパーツやゲームキャラを自宅の3Dプリンターで——Prusa Research、さまざまなブランドと提携し3Dファイルを公開
  10. Formlabs、3Dプリント自動化製品「Form Auto」を2023年4月に出荷開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る