新しいものづくりがわかるメディア

RSS


DMM.make 3Dプリント、アルミ/ステンレス/チタンの受託造形半額キャンペーン実施中

DMM.make 3Dプリントは、、2022年9月30日~10月31日まで期間限定で、アルミ、ステンレス、チタンの受託造形の半額キャンペーンを実施する。

photo

アルミ、ステンレス、チタンは金属の3Dプリントにおける主力素材だが、樹脂系の素材に比べて高価なため、利用が限定的だった。より多くのユーザーが金属造形を活用しやすくするために、半額キャンペーンを実施する。またステンレスについては、製造機材の見直しにより改訂前定価の70%オフというコストダウンを実現し、本キャンペーン期間中は改定後定価の半額で提供する。

アルミは、一般的な鋳造に使われる合金と同等の特性を持つAlSi10Mgを使用し、カラーはマットシルバー。中空構造不可。造形可能な最大サイズは320×320×380mmだ。

photo

ステンレス(SUS316L)は、SLS方式で積層造形し、カラーはグレイシルバー。中空構造可。造形可能な最大サイズは320×320×380mmだ。

photo

チタンは、造形物にはチタニウムに対する一般的な加工を施すことが可能だ。カラーは、マットシルバー、ブラスゴールド、ミッドナイトパープル、プルシャンブルー。中空構造不可。造形可能な最大サイズは250×325×250mmだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る