新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートリモコン「Nature Remo」のアプリにホームシェア機能追加

「Nature Remoアプリ」の使用イメージ

スマートリモコン「Nature Remo」のスマートフォンアプリ「Nature Remoアプリ」に新たに「ホームシェア機能」が追加された。

ホームシェア機能は、Nature Remoアプリに登録したNature Remoを「ホーム」に紐づけてグループ化するもので、家電やシーン、オートメーションをホームごとに管理できるようにする。Nature Remoのアカウントを持つ家族やその他のユーザーをゲストとしてホームを共有でき、そのゲストは対象のホーム内の家電やシーンを操作できるようになる。

2022年秋頃を予定に「ジオフェンス機能」を改善した「マルチユーザージオフェンス機能」も追加する予定だ。

ジオフェンスはホームに所属するユーザーが一定範囲内に出入りしたことをトリガーとして利用できるようにするもので、ホームに誰もいなくなった場合や、反対に誰かが帰ってきた場合をトリガーにできる。しかし従来のジオフェンス機能では、Nature Remoアプリのアカウントを共有して利用していたため、複数人で同機能を有効にすると意図しないタイミングでトリガーが作動することがあった。

追加予定のマルチユーザージオフェンス機能では、「家族全員が家から出たらエアコンを消す」のような、複数人での生活シーンにマッチしたオートメーションを設定できるようになる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る