新しいものづくりがわかるメディア

RSS


電子デバイスを一発造形——nano3Dprint、エレクトロニクス向け3Dプリンター「B3300」を発表

nano3Dprintは、デュアルディスペンサー搭載のエレクトロニクス向け3Dプリンター「B3300」を発表した。

photo

B3300は、独自開発のデュアルディスペンシングシステムを採用し、金や銀、UV硬化ポリマー、シリコンなど、2種類の材料を同時に排出できる3Dプリンター。さまざまな基板の上に高精細な3Dパターンを印刷することで、ウェアラブルデバイスやセンサーデバイスなど多様な電子デバイスが製作できる。

1~5万4000ミリパスカル秒という幅広い粘性の機能性インクやペースト、導電性ペイント、速乾性ソルベントインクなどに対応する。シリンジのサイズは3mlで、ノズルのサイズは0.15~1.6mm、ノズルの最大流量は15cc/hだ。機能性インクやペーストのトレース幅は約0.2mmで、マルチマテリアルをシングルパスでレイヤー厚0.5mmの印刷ができる。

本体サイズは467×357×374mm、重さは13kg、最大造形サイズは214×186×160mmで、ヒートベッドの最高温度は100℃。軸の最高移動速度は125mm/s、XY軸の精度は0.11mm、Z軸の精度は2.5μm、レイヤーの高さは0.02mm~となっている。ビデオ検査システムを搭載しており、造形の進捗状況をPCモニターにより確認できる。

OSはWindows、Mac、Linux、ソフトウェアはRepetier-Host、Cura、Makerware、Simplify3Dなど、ファイル形式はSTL、GCODE、OBJ、DAE、AMF、BMP、JPG、JPEG、PNGに対応する。データの読み取りはSDカードかUSBメモリを使い、操作用のフルカラータッチスクリーンを搭載する。公式サイトでの販売価格は6000ドル(約87万9000円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 厚さはたったの11mm——世界最薄とうたうRaspberry Pi Zero搭載「ラジカセ」
  2. 1年半で国産ドローンを量産——金沢発、群制御に特化したドローンショー用機体「unika」を生んだスタートアップの歩みと未来
  3. 特集はMicroPython——CQ出版、「Interface 2023年3月号」発売
  4. ラズパイで動くレトロな超小型デスクトップPCを自作
  5. ラズパイでフライトトラッカーを作ってみよう——Flightrader24を利用して航空機を追跡
  6. 1200万画素の「Raspberry Pi カメラモジュール V3」、国内で販売開始
  7. C言語でPICマイコンを使う——技術評論社、「改訂新版 8ピンPICマイコンの使い方がよくわかる本」発刊
  8. ネオンを編む!? サイバーパンクな編み物で、輝くニット帽を作ってみた
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ハッキング手法を試行してプログラミング学習——ラズパイマイコン搭載USBデバイス「HackyPi」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る