新しいものづくりがわかるメディア

RSS


工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売

工学社から、定番のコンピュータボードの概要から具体的な工作例までを学べる書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」が2022年11月30日に発売される。

第1章では、Raspberry Piの概要として、登場した年度、当時の価格、初期モデルに搭載されたCPUチップなどを紹介。第2章では、最新SoC「A311D2」を搭載したシングルボードコンピューター「VIM4」、磁気/温度/湿度の無線センサーを搭載した小型無線タグ「TWELITE ARIA」、1976年発売のCPU「Z80」を楽しめるPICを搭載した「EMUZ80キット」、拡張性が高いコミュニケーションロボット「スタックチャン」などに触れている。第3章では、スイッチを入れるだけで回り出すコマなど、具体的な工作例を掲載している。

本書は128ページのA5判で、定価は2090円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  7. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  8. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  9. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  10. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る