新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レンガを活用した蓄熱システムを開発 米Rondo Energy

米カリフォルニア州オークランドに拠点を置くRondo Energyが、脱炭素化を目指し、レンガを活用した蓄熱システム「Rondo Heat Battery」を開発している。15年以内に、世界のCO2排出量の15%カットをうたう。

世界の炭素排出量の25%が、産業エネルギーによるものとされており、さまざまな産業製品の製造過程に用いられる膨大なエネルギーの一部が熱である。この熱がRondo Heat Batteryにおいて重要な役割を担う。

Rondo Heat Battery は、太陽光や風力による断続的な電力を使って、熱放射でレンガを加熱し、熱としてエネルギーを蓄える。1500℃まで熱を保持でき、熱の損失率は、1日に1%未満であり、レンガに蓄えられた熱は、必要に応じて、加熱空気や蒸気として利用できる設計だ。Rondo Heat Batteryの熱変換効率は98%に達するという。

Rondo Heat Batteryは、既存の施設と容易に統合でき、オペレーション上の変更を加えずに簡単にインストールできるという高い拡張性があり、従来のエネルギー貯蔵システムより低コスト化が期待されている。

Rondo Energyの最高経営責任者John O’Donnell氏は「本技術は、スーパーコンピューターによる流体力学計算や有限要素解析、AI制御システムによって達成されました」と説明した。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る