新しいものづくりがわかるメディア

RSS


1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始

APPLE TREEは、FLASHFORGE製のFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Guider3」の販売を2022年11月24日に開始した。

Guider3はX軸およびY軸の駆動制御に「Core-XY構造」を採用し、1秒当たり250mmの高速印刷が可能だ。コンパクトな筐体(本体サイズ:496×436×696mm)ながら、前機種よりも21%拡大した300×250×340mmの造形スペースを確保している。筐体の材質にABSやアクリル板を採用し、軽量化も図られている。

フィラメントを送り出すギア部分にはダブルギアを搭載したことでフィラメントの送り出し力が向上。また補助レベリングと自動レベリングを最適化し、近接センサーの搭載によりレベリング作業を効率的に実行できる。プラットフォームにはガラスとフレキシブル鋼板(マグネット式)の2種類を採用し、造形物に合わせて使い分けられる。

位置決め精度はX軸とY軸が11μm、Z軸が2.5μm、積層ピッチは0.05~0.4mmだ。データ形式はstlとobj、3mf、fpp、gx、g、bmp、png、jpg、jpegに対応する。対応OSはWindows8、10、11、macOS、Linux。価格は49万5000円だ(税込)。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi財団、Mastodon公式インスタンス立ち上げを発表——Raspberry Pi 4で運用
  2. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  5. 医療用検査機器開発にRaspberry Piを採用——信頼できる産業用開発プラットフォームと評価
  6. 1秒当たり250mmでの高速印刷が可能な3Dプリンター「Guider3」販売開始
  7. 早稲田大学、光造形3Dプリンターによる金属/樹脂精密構造体の作製に成功
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  10. 最速3Dプリンターより10倍速い——スタンフォード大の最新3Dプリント技術「iCLIP」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る